1:
sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
2014年に平塚市立土屋小学校(同市土屋)の正門前で小学6年生の男児=当時(12)=が
車にひかれて死亡した事故で、事故原因などを検証する第三者による調査委員会は30日、
学校の管理下で起きた事故について国への報告などを義務化するよう法改正を求める
報告書をまとめた。調査委は10月、市教育委員会に答申する。

https://www.kanaloco.jp/article/entry-198857.html

3:
民主党が与党に

4:
マイクロバスに乗ってたら法面転げ落ちた
会社の箱バンを運転して土手道で信号待ちしてたら横から車が突っ込んだ来てまた転げ落ちた

6:
SAからの合流で大型トラックと既のところでぶつかりそうになった
しばらくは平然とした気持ちで運転続けるんだけど時間が経つごとに青ざめた

8:
バックカントリーでスノーボードしてて自分のあげたスプレーで前が見えなくて雪庇から落ちて鎖骨と肋骨折れて動けなくなった。
一緒にいた友人の板に身体括り付けて下山中に30mくらいのとこで雪崩起きたときは全員死んだと思ったよ

12:
落馬して鐙が外れず引きずられた時

13:
Hiv検査で偽陽性出た時かな。。陰性だったけど

330:
>>13
これ俺も腹の手術の前の血液検査で経験したけどキツかったわ
手術せずに病院から逃げ出しそうになった
結局再検査で陰性だったけどずっと震えが止まらなかったな

14:
当時の上司が目の前で業務上横領で連行されてった

15:
3800メートルの尾根越えでコース読み違えてドリフトフルカウンターしたときは死んだと思ったな。

17:
雷が目の前の15mくらいに落ちた時は死んだと思った

604:
>>17
俺も似た経験あるわ
落雷が近すぎると、稲妻が見えるどころか、ただ視界が真っ白になるな。
しかも全く同時にものすごい轟音。
もしかして死んだ?って思った

613:
>>17
家の窓側にいた嫁さんのすぐ窓の外に落ちた時は半端なかった
嫁さんも死んだかと思ったらしい
その落雷で電話線がやられて家の電話が使えなくなった

18:
2011年3月10日に陸前高田に出張
で当日に千葉の自宅に帰宅

137:
>>18
伝説の人?今後の出張予定ヨロ

19:
GWに雪山登ったら吹雪いてホワイトアウトで360度全く分からなくなった時

20:
下り坂を走って止まれなくなった時

21:
高速でバイク走行中に落下物を踏んでジャンプ。膝のロックが外れて、シートに正座。

23:
ホンの20メートルくらい先の岩に泳いで行く途中で足が吊った時。
幸い人が居たので事無きを得た。
以来、人のいない所では絶対に泳がないと固く決心した。

24:
パニック障害になったときだな
急に体が重くて気分が悪くなって全く動けんようになった
意識も薄らいでいってコンビニのトイレに5時間以上ほどずっとこもってた

26:
バイクで事故ったときかなぁ
二週間くらい病院のベッドで意識不明だったらしい

27:
雪山で雪崩に巻き込まれた後
助けが入るまで埋まってた時に
このまま死ぬのかなぁ?と思った。
声出す元気はなかった。

29:
昔仕事の車でブレーキパッドがかなり減ってて ブレーキの効きが甘いなあと思いながら運転してて 目の前に鉄の塊みたいなゴミ清掃車が立ち塞がった時はもうダメだ 俺はこのまま突っ込んで死ぬんだって思ったよ

35:
自転車でトラックに跳ね飛ばされた時かな こっちが交差点飛び出したのが悪いんだけど
ぶつかる瞬間周りの景色がゆっくりと流れる感覚になったよ

45:
路肩に止めたトラックの荷台に横から荷物載せてたら突然トラックが消えた。

と思ったら10メートル先くらいに移動してた。
ワンボックスがすごい勢いで追突してトラックと一体化してた。

後ろから荷物載せてたら死んでた。

47:
若い頃120kmでカーブに差し掛かったときにマンホール踏んでリアがすっ飛んだ
横向きのまま電柱より太い街路樹に激突する瞬間は死んだと思った
車はくの字に曲がって街路樹なぎ倒したけど俺は無傷だった

62:
小2だったと思うが、奈良で鹿に蹴られて空中で1回転
まわりの景色がスローモーションのように流れていった
ああ、これで終わりだなと思ったわ

64:
バイクで大型トラックとぶつかって集中治療室
正直目覚めたら救急車の中だったから死んだなとか何も思わなかった
あのまま潰されてたら何も感じずに死んでただろう

66:
川遊び中息子(ライフジャケット着用)が足のつかない所でパニックになる。
近くを泳いでいた俺(ライフジャケット未着用)にしがみつく。
息子は何とか水面より上に顔が出せる状況で俺は常時水中。
息子が呼吸出来る状態を確保しつつ水面を見上げながら「死ぬんだな」と思った。
少しして川底が浅くなってなんとか俺の足がついたので死なずに済んだ。

69:
5才くらいだったかな
母ちゃんと風呂に入ってる時に、「ぼく、おふろのなかでぐるぐるできるよ」って言って風呂の中で前転したんだよ
そしたら水面がどこにあるか分からなくなって、パニックで溺れそうになって、生まれて初めて死ぬと思った
なお、母ちゃんはシャンプー中で気づいていなかった模様

教訓:自分が死にそうな時に親が横にいても助けてくれない

この数年後に海で流されて気絶した時も、一緒にきていた父親は気づいてなかったけど、その教訓があったからパニックにならず自力で泳いで生還出来た

73:
子供の時 親の運転する車に
反対車線から こっちに車突っ込んできた時

打撲で済んだ

75:
海水浴でいきなり深みにハマって沈んだとき。
周りに大人はいたけど助けを呼べる状況ではなかったから
持てる力の限り浮き上がることに専念し危機を脱出。

溺れるときは声なぞ出せないし、暴れることも出来ないために静かに死ぬ、と実感した。

83:
バイクで車に当て逃げされて、分離帯にぶつかって反対車線に飛んで
対向のダンプのタイヤに踏まれると観念したとき
当たってから着地するまでは頭真っ白だった、症状固定まで3年掛かったょ
結構似た人居るんだね、がんばれよw

87:
駅の階段で登ってきたオヤジに突き飛ばされて
正座の状態で落ちた時は死んだと思った
途中で止めようとしても前のめりだから止められないし
このあとどうしようかと考えながら下について
立ち上がったらストッキングと膝は血だらけ
それでも会社へ行った

89:
泳ぎが得意じゃないのに離岸流に流された
奇跡的に岸に戻った
大量に水飲んで1時間くらい岸でぐったり

121:
小学生の頃、借金だらけの我が家に怖い顔した取立屋が1日おきに来ていてた、そんなある休日に珍しく家族でピクニックに行こうと親に連れて行かれた先の湖のほとりで、首を絞められた時かな。昭和60年頃、怖かった。

125:
中二の時、親友の仲ちゃんから「邪王炎殺黒竜波」を撃たれた時

126:
大震災の時に咄嗟に弟を机の下に押し込んだ
俺が入るスペースは無くて
「よしここで死のう」と決意して机が動かないように支えた
俺が死んだら弟は自分を責めて生きるかもしれないと思ったので弟に向かって「俺はもういいや!」と笑った
弟は「嫌だ」と泣いていた
手が震えているのが弟にバレないように机の脚を思いっきり強く握り締めた
その後2人とも無傷で助かって2人の黒歴史となりあの時の事はお互い口に出した事がない

142:
>>126
良い話だけど、兄弟って微妙な気まずさあるからなー

246:
>>126
同級生がそんな感じで赤ちゃんの弟を守って死んだわ

477:
>>126
巨大地震なら家が倒壊するので屋外に逃げた方がいい場合もある

485:
>>126
弟がジジイになってから
思い出して泣くんやで

151:
幼稚園のころでんぐり返しができなくて先生が足を抱えて持ち上げてくれたんだけど
先生が手を滑らせて後頭部から落ちた時グキッて音とともに息が出来なくなり泣き声も上げられなかった時はもう死ぬんだと思いました

153:
あとメチャメチャ筋トレして食事制限してダイエットしてる時に
真夏なのにガタガタ震えだして意識が遠のいた時かな
飴ちゃん1個舐めただけで全身に血がめぐるような感覚になった

157:
海山川バイクの事故の多いことよ
子供にはさせられんな

160:
記憶には無いんだけど、小学生低学年のときに友達と自転車で遊んでてそこから一気に記憶が飛んで病院で包帯グルグル巻きだったのはある
曰く車に轢かれたらしいんだけどソコだけまったく記憶にない

163:
朝学校行くために「いってきま~す」と
家を出た途端トラックに跳ねられたの
今は元気だけどメイクしないとみんな怖がって逃げちゃう

168:
向かいの駐車場からの出口付近に車が路駐してて
駐車場から出る車と右からくる車が路駐の車が死角で危うく衝突しそうになったが
右から来た車が間一髪のところで歩道を歩いてる俺の方にハンドル切ってきて、あと数センチ寄ってたら轢かれるところだった

170:
20年位前に
国一上りの興津辺りを100km/hクルーズしてたらすぐ前を走行中の4tトラックとハチロクが接触して双方スピン
ハチロクは追越車線側をトラックは走行車線側をそれぞれ塞いで停車
たまたま真ん中車線を走行してた俺はトラックのキャビンすれすれを抜けて事なきを得た
あの時は流石に終わったと思ったな

188:
・子供の頃、同じ川で一日二回溺れた日。
・免許取り立ての友達の車でドライブ、山道の急カーブで対向車線にはみ出し正面衝突
・夜中バイク乗ってて田舎道の長い直線トンネルのちょうど真ん中あたりでエンスト
・高速道路を自動車で走行中、突然右フロントタイヤがバースト

189:
やっぱりバイク関係多いな
俺もスクーターで走っていたら交差点で左折しようとした軽トラにフッ飛ばされて、数十メートル道路上を滑った
後から見たらヘルメットが縁石にぶつかった勢いで凹んでいたけど、擦り傷程度の軽傷だった
走馬灯が見えたのはあのときだけだな

193:
真夜中の堤防道路でカーブ中にアウト側のアスファルトが
崩れていてバイクの前輪が落ちたが旋回行動をとったら
奇跡的にもう一度前輪がアスファルトにのってくれて助かった
そのまま止まって崩れた底を見たらトラックが落ちていて
警察に連絡したわ

195:
原因不明で41度の熱出して痛みで起きて痛みで気絶するを繰り返した時きつかった

後、事故で膝を骨折したと思ったら血栓できてたらしく、折った側の足に激痛走ってベットの上でのた打ちまわってた
その後足の筋肉が壊死したが、リハビリで今は歩ける

しかもそのリハビリ最中に酒飲んでないのに急性すい炎になって肺まで到達してて生死の境を意識ある中で彷徨ってたと医者に聞かされた

198:
林道をマウンテンバイクで走ってて
下草に隠れた倒木に激突したとき
運良く自分は目の前にくるりと叩きつけれた程度ですんだけど
自転車本体はその勢いのまま数十メーター飛んで崖下に落下してった
我が事ながら気違いだったわ

199:
高速のグルグル降り口で後ろの車に煽られながら60~80で走行中、後ろタイヤがバーストしなぜかブレーキがきかなくなった。ハンドルを右にきって壁にぶつけて止めようとしたら、なぜかぶつからずジャンプ台のごとくぶっ飛び
車が上下逆になり車の上部角で数回バウンドしてフロントガラスや荷物が映画のように車外に吹っ飛び 逆の左の壁に衝突して停車
衝突と同時にタイヤ側から落ちたのでけっか1回転して元通り そして無傷
警察の実況検分でも奇跡といわれ有り得ないふつならぺちゃんこで引きずられて死んでるよとまでいわれた

203:
4回出産したけど4回とも出欠多量で死にかけた
最初はあれ?多い?くらいの感じなんだけど、出血量を測りで測ってからヤッベ!って雰囲気が分娩室に広がる。
本人は産んだ後だからもう生への執着もなくて、産卵のあと死ぬ鮭の気分で成り行きを見守ってた
運良くまだ生きてるわ。

223:
台風が通過した後、坂道で外れてぶら下がっていた電話線が見えず
自転車で突っ込んで首つり状態の後、セメントの道路に叩きつけられた
たまたま頭だけが幅30センチくらいの側溝にはまりかすり傷で済んだ
いい歳して泣きながら自転車押して家に帰った

240:
沖縄に行った時シュノーケリング楽しくて沖近くまで気付いたら泳いでた
こりゃいかんとビーチに戻ろうとしたらすぐ傍にサメがいて鼻っ面身体に押しつけられた
1匹だけどその内自分の周りを回りだしてこれ死んだなって何故かパニくらずに思ったわ
暫くじっとしてたらちょっと距離をとりだしたのでゆっくり泳いで岸へ向かっていったけど一定距離を空けて途中まで着いてきてて陸に上がるまで生きた心地がしなかった
それ以来海は苦手で行っても足がつく浅瀬しか行けなくなった

245:
親の話だけ信じられて
診察なしで精神科専門病院の閉鎖病棟に
医療保護入院させられた事あるんだけど

「医療ミスだろ?マスコミリークするぞ」
って3週間くらい徹底反発してたら

変な薬飲まされて異常反応でて死にそうになった事ある
殺されるかと思ったから白旗ふって大人しく入院してた

ガチで闇の世界だった。
勿論カルテも改竄。主治医は入院して30分で変更された。6年前の話

247:
>>245
まだ治ってない様だな

257:
>>247
確かに病気だと自分が思ってない人も多かった

・自分の事天皇だと思ってて修学旅行の計画たててる人
・ひたすら壁を殴り続けてる人
・前科9犯で覚醒剤やってた人

とか一般病棟じゃとても無理な人たちだった。

251:
>>245
まだ入院中だろ
書き込んでる場合じゃねえぞ

264:
>>251
ちげーよ。
渋谷駅徒歩3分の自宅から書き込んでるわ

取材されて個人で今年新聞載ったりとかある程度成功してるよ

272:
若い頃、単車二台で走ってて
キャツアイで友達が飛んでその後
自分も飛んだ時
これも単車でアスファルトから
砂利道にいきなり変わってた時
知らない道は昼間走ろうと思った

307:
小学生の頃、鍵っ子でこういう飛行機型のジャングルジムの足が届かない場所で首から下げていた鍵が引っ掛かって首吊り状態に。
なんとか両手で懸垂して3分くらい上下運動して奮闘したら奇跡的に引っ掛かってた鍵が外れて生還
懸垂に力尽きてたら死んでた

no title

314:
キャンプしていて熊が遊びにきた時
no title

317:
>>314
かわいい!
一緒に冬眠しよって誘うわ

560:
>>314
これ誘ってるだろ

315:
普段は酒に強いのに徹マン2日やった後、友人と飲み会
何故かコップ1杯の日本酒で急性アルコール中毒発動
意識飛びそうになりながら友人に救急車を呼べと言葉にならない言葉で話す
無論立っていられないし目は開いてるのだが異様に閉じたくなる
凄く遠くに白い点が見えるのだがその白い点が離れて行く
これはマズいと思い白い点を気力だけで追いかけるが離れて行く
そんな事をしばらく繰り返したと思う
気が付いたら病院のベッドで点滴2つぶら下がってたな
後で看護師に聞いたら2日間血圧低下しまくりの意識不明だったらしい
それ以来日本酒はトラウマだな

316:
卒業旅行でプーケット行く機内
乱気流で体感20階下くらいまで落下した時
機内の照明も消えたしエンジン音も弱まったから、もう駄目だなって直感した

387:
特に持病はないのだが
真冬に嫁と飲みに行って店を出たら心臓がバクバクし始めて
歩けなくなり視界も狭まってその場にうずくまった
近所だけどタクシーを呼んでもらって家に帰って横になったけど
心臓のバクバクに加えて呼吸も苦しくなり救急車呼ぶかどうか
マジで悩んでるうちに少し楽になったから様子見
祖父と母親が心臓で入院したことあること思い出して
嫁に遺言めいたことを口走ってるうちに寝落ちしたw

391:
>>387
狭心症じゃない?
病院行った方がいいよ

410:
家の畑の農機具小屋の軒下に大きな蜂の巣が有ってさ
俺が近くに居たのに、オヤジがその蜂の巣にコンクリの塊投げつけやがった
コンクリ片の当たった蜂の巣はぶっ壊れ、当然大量の蜂が飛び出して来てさ
それ見たオヤジは近くに有った俺の自転車で、俺を見捨てて物凄い勢いで逃走してしまい
俺は逃げ遅れて怒り狂った蜂に刺されまくりだった
特に首から上が悲惨な事になってさ、暫く学校休んだわ

431:
小2の時に伊東に行って山の中で1人で迷子になったときかな
しかも泣きながら山を下ったんだよ
3時間でなぜか1人で降りて来れてことなきを得たんだが
家族がすごいことになって東京に送還された

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1569897139/