1:
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191025-00010005-newsweek-int


──人工脳「脳オルガノイド」は、現代の神経科学で最も注目されている分野のひとつだが......

幹細胞を使ってヒトの器官の小さな三次元モデルを生成する技術は、この10年ほどで大幅に進歩した。とりわけ、ヒトの多能性幹細胞から作製する豆粒大の人工脳「脳オルガノイド」は、現代の神経科学で最も注目されている分野のひとつだ。

● 動画:脳オルガノイド を宇宙に打ち上げ

■ 医学を一変させる可能性、しかし倫理上の懸念も

米ハーバード大学の研究チームが2017年に発表した研究論文では、「脳オルガノイドが大脳皮質ニューロンや網膜細胞などの様々な組織を発達させる」ことが示され、2018年4月にはソーク研究所の研究チームがヒトの脳オルガノイドをマウスの脳に移植したところ、機能的なシナプス結合が認められた。

また、カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームは2019年8月、「脳オルカノイドからヒトの未熟児と類似した脳波を検出した」との研究結果を発表している。

脳オルガノイドのような「生きた脳」の研究によって医学が一変するかもしれないと期待が寄せられる一方、脳オルガノイドが十分な機能を備えるようになるにつれて、倫理上の懸念も指摘されはじめている。

■ 意識を持つ可能性があるなら、すでに一線を超えている

2019年10月18日から23日まで米シカゴで開催された北米神経科学学会(SfN)の年次総会において、サンディエゴの非営利学術研究所「グリーン・ニューロサイエンス・ラボラトリ」は、「現在の脳オルカノイドの研究は、倫理上、ルビコン川を渡るような危険な局面に近づいている。
もうすでに渡ってしまっているかもしれない」と警鐘を鳴らし、「脳オルカノイドなど、幹細胞による器官培養の倫理基準を定めるうえで、まずは『意識』を定義するためのフレームワークを早急に策定する必要がある」と説いた。

「グリーン・ニューロサイエンス・ラボラトリ」でディレクターを務めるエラン・オヘイヨン氏は、英紙ガーディアンの取材において「脳オルカノイドが意識を持っている可能性があるならば、すでに一線を超えているおそれがある」と指摘し、「何かが苦しむかもしれない場所で研究を行うべきではない」と主張している。

3:
人は部品の集まりではない!

6:
>>3
は?細胞の集まり
少器官の集まり
もっと言えば粒子や原子や電子や素粒子のあつまりだろ

25:
>>6
1個患ったら全体に患うという免疫力が機械にない。
これが〈意識〉の一部かもよ

19:
>>3
ピノコ・・・・・(´・ω・`)

5:
小さなバイキング

7:
そんなの俺らに言われても困るぞ
当人に言えよ

8:
こういう科学面白いよねー
日本だと倫理だ、なんだと足引っ張る奴が大勢いて進んで無さそう
シナとかずっと先行ってんだろうな

20:
>>8
実験はするけど発展はしてないぞ

9:
なつかしい
図書室にあった

10:
新造人間キャシャーン

11:
SFならいい導入部だな

12:
やめた方がええで
混沌としてくるぞ人間世界が

13:
生後すぐの赤ん坊に意識はあるか

14:
オルガサイドは次亜塩素酸ソーダだそうだ

15:
日本人は細胞分裂を止めてしまったのであった。つづく

16:
人間の脳は一時間砂糖1g、電球で30ワットくらいで動いてるからすごい効率いいんだよな
逆にロボに組み込んでコキ使う方向でいけ

21:
>>16
後のジャイアントロボだな

17:
生体コンピューターのパーツか?

18:
no title

24:
>>18
摩耗か

22:
昔読んだわ
懐かしいな

26:
意識を持った生命体を作りだせちゃったらソレを廃棄したら殺人だもんな

27:
早く人間になりたい

28:
カレンデバイスみたいになるな

29:
合成人間ビルケより
ドノバン博士の脳だと思うんだが?

31:
オカルト的には霊魂は宿ってるのかね

32:
脳より意識が先だからね
意識が脳に入り込む

意識は目には見えないが確実に存在する

33:
支那だったら党にとって気に入らない人民から脳を丸ごと摘出してやりたい放題だからな
こういう分野で絶対に敵わないw

35:
ゴセシケ?

36:
ホムンクルスが実現する時代になったのか

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1572004142/