1:
sssp://img.5ch.net/ico/u_suberi.gif
 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝(7日、さいたまスーパーアリーナ)WBA、IBF世界王者の井上尚弥(26)=大橋=がWBA世界スーパー王者ノニト・ドネア(36)=フィリピン=に3-0で判定勝ち。キャリア20年の5階級王者を倒し、ムハマド・アリ・トロフィーを手にした。

 “黄金のバンタム”で世界最強を証明した。ファイティング原田、長谷川穂積、山中慎介など、伝説の王者たちが名を刻んだ中量級で、怪物が頂点に君臨した。

 自身の試合前、WBC暫定王者の拓真(23)が正規王者のノルディーヌ・ウバーリ(33)=フランス=に0-3で判定負け。大一番を前に動揺が広がる中、尚弥だけは冷静だった。右ストレート、左ボディーの破壊力は抜群。2回にドネアの有効打で右目上をカットし出血し、8回には再び流血し追い込まれる場面もあったが、11回に左ボディーでダウンを奪うと、最終12回にラッシュをかけた。

 初戦の準々決勝で1回KO、準決勝では2回TKOと順調に勝ち上がってきた。プロ転向前から憧れ、2014年末の試合前には直接指導も受けたドネアは、強烈な左フックを武器とし異名は「フィリピンの閃光」。これまでプロ45戦40勝(26KO)5敗の戦績を誇った百戦錬磨のベテランとの激闘を制し、2万人が埋めたスタンドの期待に応えた。

 3日に本格的な練習を終え、試合4日前の時点で減量をクリア。通常なら試合前日に行う計量に合わせて体重を落としていき、減量に苦しみ10グラムのためパンツを脱いで体重計に乗る選手もいる。しかし、尚弥は“自己最速”ともいえる速さで臨戦態勢に入っていた。

 新たな目標へ向けて負けられない一戦だった。プロボクシング6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(40)=フィリピン。現時点で3階級制覇の尚弥はスーパーバンタム級、フェザー級とさらに複数階級制覇を狙うほか、米ラスベガスでのメイン出場などアジア発のスターとして米国に進出していく青写真を描く。

 蝶のように舞い、蜂のように刺す伝説のヘビー級王者、アリの名を冠した金色のトロフィーを腕に抱いた。世界一のパウンド・フォー・パウンドへ、最強の拳を磨き続ける。

11/7(木) 22:19配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000580-sanspo-fight

2:
凄かった

3:
階級あげたら通用しないなコレは

7:
世界最強とか目指してる割に判定とかw

139:
>>7
現時点のPfP十傑の中ではKO率2位だな

153:
>>7
今回は相手が強かった。体格も一回りデカかったし。

8:
ポイントが1ポイント差がしっくりくるが
11R のダウンは10カウント以上あった

37歳ドネアが凄すぎた

202:
>>8
あれ10超えてたよな

9:
相手はドネア
もうすごいとしか言いようがない

10:
効いてはなさそうだったけど前半戦からジャブが結構ヒットしてたから、
点数で大差が付いたのはそこを評価されたってことかね

19:
>>10
大差は妥当
1人1点差だったけどスローカウントのレフェリーと一緒で回し者だろうな

11:
あのレフェリーなんやねん
カウント取るの遅すぎ
余裕で10カウント過ぎてるやんけ

183:
>>11
あそこだけプロレス見てるみたいだった

13:
録画で確認してみたが確かにカウント11くらいいってるなwww
あそこで試合終わりだろ普通w

21:
>>13
オレ終わったと思って万歳して飛び跳ねてたら
試合始まって笑ったわ

29:
>>21
会場も「えっ?」てなってたなw

68:
>>29
井上も「えっ?」ってなってたしな

93:
>>68
ドネアも「えっ?」

35:
>>13
まだやれるドネアを止めて試合終わってたらレフェリーが金かけてる奴らに殺されるんだろう

63:
>>13
あのレフェリー
次のカウントは1、次のカウントは2って数える人だから
手は10だったけどギリギリ9カウントでたったんだよ

87:
>>13
うーん でもあそこで終わったらつまんなかったよ実際

194:
>>13
井上はニュートラルコーナーに戻らないといけない

15:
3ポイントくらい井上が勝ってると思った
10、11(ダウン)、12は確実に取ってた
年間最高の試合だった

20:
てかボディーって即効性がないパンチでジワジワ効いてくるタイプのパンチなのにあれで倒れるドネアって耐久面はショボいんか?
ボディだけならわいでも耐えられそうなんやが

23:
>>20
もろレバーブローの倒れ方じゃねえか
しかもハードパンチャーのパンチをもろにもらってるから地獄だぞ

27:
>>20
井上のボディは一発で何人も沈めてる
急所にめり込む

32:
>>20
井上のボディのヤバさを知らんのか
ナルバエス戦のボディとかエグすぎて寒気するぞ
スーパースローの映像を見ると、ナルバエスのカチッカチに割れた腹筋が、
井上のボディを食らったコンマ何秒の間、液体のように波打ってるんだぞ?

203:
>>32
脂肪がなくても皮膚があるからじゃないの?

72:
>>20
井上の必殺技だろがよ
youtubeで少しは勉強しろ
しかしすげーえげつないボディーやったわ

98:
>>20
一回ボディ打たれてみろ
マジで呼吸止まって悶絶するぞ

108:
>>20
ドネアの脇腹、骨折だってよ

127:
>>20
これ見てから言えよ
常人なら下手すりゃ死ぬでww
https://m.youtube.com/watch?v=t0RbdvZJnWI


25:
no title

36:
ドネアが強かった
ボクシングがただの殴り合いじゃないことがよくわかった

37:
あのカウント見ると審判はドネア寄りなのかと思ったが
それに勝てる井上はハンパねぇ

43:
ウィラポンが長谷川に負けたのって何歳だっけ?
36歳相手にあのざまはないよ

49:
商品価値は下がったね
多分もう今までの様には騒がれない
オッズから見ても井上がKOで圧勝を期待されてたから、これだと駄目だね

52:
こういうボクシングが続けばボクシング人気が沸騰するわ

54:
いい試合だった
けど、あのクロンボレフェリーだけは糞
ボディ効いたとこで割って入って止めといてカウント開始しねーわ、カウント10行ってるのに試合続行させるわ何なんだアイツ

56:
まだまだだな 
辰吉が10だとしたら井上なんて15だよ

57:
つーかドネアもダウンしてから腹が痛すぎて
ずっと亀ガードで反撃してないんだもん

59:
ドネア強いな。

60:
いやあ、良い試合だった
12ラウンドまでいったのにダレずに面白い試合って最近ないからなあ

62:
でもガード下げて顔にモロくらいまくっても倒れないだよ
凄いよあの人

65:
完全に忘れてバチェラー見てた

66:
つーか井上の10ラウンドまでの11ラウンドの違いはなんなんだ?
しかも10ラウンド終わりの会場あおりしての11ラウンド
10ラウンドまで力温存してたかのような戦いぶりじゃん
でも井上は右目上カットしててポイント的にも余裕があったわけでもなかったじゃん
なんなんだ?

71:
>>66
自分を奮い立たせたかった

150:
>>66
最終ラウンドはガス欠でも何とかなるからちから出し切るつもりとかでしょ

172:
>>66
流血で試合止められるのを恐れて、終盤まで庇って闘ってたんでしょ?

67:
ほぼクリンチ無しで向かい合ってるから緊張感すごかったな

180:
>>67
この試合見てたら、亀田の試合がいかにクソかよくわかる。

クリンチなんて12ラウンドでほとんどない

70:
no title

no title

no title

76:
>>70
ヒカキンセイキン
ジュニア
あきこ

77:
>>70
よう見つけるなw

84:
>>70
天心も居てた様な気がする
アッコの後ろが武井壮とホリエモンかと思ってたけどよく見たら別人だった

85:
>>84
ムーディ勝山もいなかった?

88:
>>84
ファイティング原田がいたな。

130:
>>70
ジュニアは似てる人じゃね?

73:
最後まで緊張感のある良い試合だった

74:
階級上げて亀田和毅と対決だな

78:
>>74
1R開始前にKO勝ちだな

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1573133508/