1:
sssp://img.5ch.net/ico/u_suberi.gif
東京・池袋で暴走した車に母親と3歳の娘がはねられて死亡した事故で、警視庁は元院長を逮捕せず、12日にも書類送検する方針を固めました。

 娘の莉子ちゃんの姿をもう見ることはできません。
 妻と娘を失った松永さん(33):「莉子が一番好きな公園で、ピクニックをしに3人で…。よく来ていた公園ですね」
 亡くなる13日前、その公園で撮られた写真です。
2人は事故に遭った日もこの公園で遊び、帰る途中に暴走した乗用車にはね飛ばされて亡くなりました。青信号で横断歩道を渡り終える直前のことでした。
何の落ち度もない命が奪われた現実を松永さんは必死に受け入れようとしています。
 妻と娘を失った松永さん:「莉子は本当に絵本が大好きで、寝かしつける時にいつも僕が読んであげていたんですけど。
読み終わったら『お父さん大好き』って言って…」
 松永さんは莉子ちゃんとの最後の対面をしていません。
 妻と娘を失った松永さん:「あまりにも損傷が激しすぎて、おでこまでめくって、ちょっと見えたんですけど、1ミリくらい見えたんですけれども、本当に可愛らしかった莉子の…莉子の顔じゃなくて、
多分、あまりにも…無残な莉子の顔しか思い浮かべなくなると思ったから見るのをやめたんですけど、でも、最後くらい見てあげたかったです。
無念ですけどね…娘の最後くらい見てあげたかったですけど」
 事故からまもなく7カ月が経とうとしています。
警視庁は、12日にも旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長を過失運転致死傷の疑いで書類送検する方針です。「憎しみにとらわれることなく、再発防止への活動をしたい」。松永さんはそう話しています。
 妻と娘を失った松永さん:「このつらさを知ってしまったからこそ、他の人にはやっぱり体験してほしくない。
皆が安心してこうやって遊びに来られる交通社会になってほしいですし、今、心からそう願っています」
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000168938.html

続きを読む