1:
sssp://img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif
大西洋を進むハリケーンは猛烈な勢力を保ったまま2日から3日にかけてアメリカ南部フロリダ州に接近する見通しで、
現地の日本総領事館は早めの避難など万全の備えをするよう呼びかけています。

アメリカの気象当局によりますと、ハリケーン「ドリアン」は日本時間の1日午前9時現在、バハマのアバコ島の東、
およそ245キロの大西洋上を西に進んでいます。

「ドリアン」は中心の気圧が941ヘクトパスカル、最大風速は67メートルと猛烈な勢力となっていて、
台風の強さを示すカテゴリーは5段階のうち上から2番目に強い「4」となっています。

このあと、現地時間の2日午後から3日にかけて南部フロリダ州の東海岸に接近する見通しだということで、
フロリダ州は非常事態宣言を出して暴風雨や高潮などへの警戒を呼びかけています。

フロリダ州では、住民たちが避難に備えてガソリンを買い求めたり、商店のショーウインドーを木の板で覆ったりする
作業に追われていました。

フロリダ州は日本人も多く訪れるアメリカ有数のリゾート地で、マイアミにある日本総領事館は現地に滞在する
日本人に対し、食料や水、それに、携帯電話のバッテリーなどをあらかじめ準備しておくことや、当局が発表する
ハリケーンの位置などの情報に注意し、影響が出る前から早めに安全な場所に避難することなど万全の
備えをするよう呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190901/k10012059121000.html

続きを読む