text_bosyuchu

1:
sssp://img.5ch.net/ico/morara_tya.gif
9月に上陸した台風15号で多くの住宅が被害を受け、10月に台風21号の影響による大雨が追い打ちをかけた千葉県館山市で、市が設置し市社会福祉協議会が運営するボランティアセンターが同27日に閉鎖された。
市社協は「ニーズにほぼ対応できた」などと説明するが、被災者からは「まだ何も元に戻っていない」と切実な声が上がっている。

 千葉県社会福祉協議会によると、9月9日に上陸した台風15号で被災した県内23市町で、災害ボランティアセンターが開設されるなどしてボランティアを受け入れた。
うち17市町では10月末までにセンターが閉鎖されるなどした。

 17市町の中でも館山市は住宅被害が2000棟超と被害が大きかった。同市社協は同27日に閉鎖した理由について、ボランティアができる被災者からのニーズにほぼ対応し終わった
▽ボランティアの数が減少した▽市の災害ごみの受け入れが同27日に終わった▽台風19号で他県で大きな被害が出て受け付け業務などに当たる他県からの応援職員が見込めなくなった――などと説明している。
一方、市民からの依頼は締め切り直前まで続き、ボランティアも27日に約110人が集まっていた。市社協は「ニーズを拾い切れていない可能性もあるので、今後必要に応じてボランティアを募集することも考えられる」と釈明する。

 同市内で最も被害が大きかったとされる布良(めら)地区に住む青木藤子さん(63)は「何をするにもボランティアが必要なのに」と嘆いた。
83歳の母親と暮らす2階建ての自宅は台風15号で屋根などが壊れ、10月12日に上陸した台風19号で屋根の被害が広がった。さらに同25日の大雨で天井の隙間(すきま)などから大量の水が室内に流れ込んだ。

 青木さんは「屋根のブルーシート張りは危なくて自分ではできない。市側はもう手助けの必要はないと思っているのかもしれないけど、まだ何も戻っていない。家のダメージは拡大していて次の雨が心配だ」とこぼす。
同地区の女性(83)の自宅は屋根が飛ばされ室内は片付けが終わっておらず、「弟にぬれたタンスは運び出してもらったが、まだまだボランティアに来てほしい」と求めた。

 同市洲崎(すのさき)地区は今も災害ごみが家の前に置かれたままになっている。50代の女性は
「壊れた瓦をごみとして出さなければならない。ごみの受け入れが終わって運んでくれるボランティアもいなかったら、どうしたらいいのか」
と困惑している。【町野幸】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-00000097-mai-soci

続きを読む