令和~気になるまとめ@雑食

主に5ちゃんねるニュース系まとめ そのほか、なんJ VIP twitter

宇宙ヤバイ

【悲報】 超高層ビル並みの小惑星が地球に接近中 米NASA「大丈夫、不安に思う必要はない」

1:
sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
超高層ビル並みの小惑星が地球に接近、衝突の恐れはなし 米NASA

(CNN) 米ニューヨークのエンパイアステートビルよりも大きい小惑星が地球に接近している。
8月10日に地球付近を通過する見通しだ。

この小惑星「2006 QQ23」の直径は推定約570メートル。だがこうした「地球近傍天体」を観測している
米航空宇宙局(NASA)の専門家は、不安に思う必要はないと話している。

2006 QQ23は、そうした天体の中では中程度の大きさで、地球からの距離は約800万キロあり、
「ほとんど無害」(同専門家)だという。

この大きさの小惑星は、年に6回ほど地球の近くを通過する。太陽を周回していることが確認された
小惑星の中で最も大きいものは直径およそ34キロもある。ただしこれほど大きな小惑星は極めて少ない。

NASAの近地球物体観測プログラムでは、地球周辺にある直径1キロ以上の小惑星約900個について
観測を続けている。

小惑星は小さくなるほど地球に落下する頻度が増えるが、大抵は大気圏に突入して燃え尽きる。

ただ、もしも2006 QQ23ほどの小惑星が衝突すれば、大きな被害が出る恐れもある。
しかしそうした事態が起きるのは200~300年に1回程度。NASAではそうした小惑星の追跡を続けており、
2006 QQ23については1901年~2200年に至るまでの軌道データを追跡してきた。

万が一、地球の安全を脅かすような小惑星が接近した場合、NASAは宇宙作戦を展開して軌道を変えさせる
計画を立てている。

現時点ではそうした天体は確認されていないものの、まだ発見できていない小惑星が存在する可能性もある。
「我々が懸念しているのはそうした未知の天体だ」と専門家は話している。

https://www.cnn.co.jp/fringe/35140843.html

続きを読む

【宇宙】ほぼ光速に達している。超大質量ブラックホールの自転速度を測定成功

1:
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
ほぼ光速に達している。超大質量ブラックホールの自転速度を測定成功(記事全文です)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00010001-sorae_jp-sctch
2019/7/11(木) 11:14配信
YAHOO!JAPAN NEWS,sorae 宇宙へのポータルサイト

【科学(学問)ニュース+】

no title

(画像)ブラックホール(想像図)

NASAは7月3日、オクラホマ大学のXinyu Dai氏らによるX線観測衛星「チャンドラ」を利用した研究によって、遠方宇宙にある超大質量ブラックホールの自転速度を測定することに成功したと発表しました。

no title

(画像)チャンドラがX線で捉えたクエーサーたち。重力レンズ効果によって複数の像に分裂して見えています

・「アインシュタインの十字架(Einstein Cross)」と命名
観測の対象となったのは、98億から109億光年先にある「クエーサー」。クエーサーは周囲の物質を活発に飲み込む超大質量ブラックホールの存在を示すものとされており、飲み込まれつつある物質によって形成された降着円盤の輝きは、ブラックホールが存在する銀河をも上回るほどです。

ただ、どんなクエーサーでも良かったわけではありません。研究チームが選んだのは、クエーサーと地球との間に別の銀河が存在することで生じる「重力レンズ」効果によって、複数の像に分かれて見える5つのクエーサーです。
そのなかには、重力レンズの存在を予言したアルベルト・アインシュタインにちなんで「アインシュタインの十字架(Einstein Cross)」と名付けられた「Q2237+0305」(以下「Q2237」)も含まれています。

no title

(画像)「アインシュタインの十字架」こと、クエーサー「Q2237+0305」のX線画像

Q2237の超大質量ブラックホールの自転速度は”ほぼ光速”
研究チームは、重力レンズ効果をもたらす銀河のなかにある恒星によって生じる「重力マイクロレンズ」効果も利用して、背後にあるクエーサーから発せられたX線をチャンドラで観測しました。
その結果、Q2237に存在するとみられる超大質量ブラックホールの自転速度はほぼ光速に達しており、その他のクエーサーはその半分ほどの速度で自転していることが判明しました。

発表では、なぜそこまでの速さで自転できるのかについても言及されています。それによると、自身の自転と一致する方向から何十億年にも渡って物質の供給を受けることで、ブラックホールは成長すると同時に自転速度を加速させていったといいます。

ブラックホールの周囲に形成される降着円盤はブラックホールの自転方向と揃うので、そこから物質が流れ込むことで、自転そのものが正のフィードバックを受けて加速され続けることになるわけです。

人類が直接撮像に成功したブラックホールは、今のところ楕円銀河「M87」の中心にある超大質量ブラックホールのみ。
その他のブラックホールはあくまでも仮定の存在ではあるのですが、もはやブラックホール抜きでは説明できない天体も数多く、現在ではその存在が当たり前のものとして研究が進められています。

最終更新:7/11(木) 11:14
sorae 宇宙へのポータルサイト

続きを読む

【宇宙ヤバイ】ほんの31光年先に水のある可能性のある惑星を発見

1:
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
地球から31光年に3つの系外惑星、生命存在可能な圏内にも
https://www.cnn.co.jp/fringe/35140792.html
米航空宇宙局(NASA)の惑星探査衛星「TESS(テス)」がこのほど、
地球から31光年先に3つの系外惑星を発見した。このうち1つは、
恒星から適度な距離にあって生命が存在できる「ハビタブルゾーン」内で見つかった。

3つの系外惑星はうみへび座にあるM型わい星「GJ357」を周回。
この恒星は太陽に比べ40%低温で、質量や大きさも太陽の3分の1ほどにとどまる。
研究結果は天文学誌「アストロノミー・アンド・アストロフィジックス」に今週発表された。

最初に見つかった系外惑星は「GJ357b」。地球より22%大きく質量も80%上回っており、
「スーパーアース」に当たる。恒星までの距離は水星から太陽の11分の1で、平均気温は推計でカ氏490度(セ氏約254度)に上る。
(※)

続きを読む

直径約130mの小惑星、地球にニアミス 直前まで観測されず

1:
sssp://img.5ch.net/ico/anime_jien03.gif
直径約130メートルの小惑星が25日に地球の近くを通過していたことが29日分かった。

地球に衝突する恐れがある天体を監視する研究者らの団体、日本スペースガード協会によると、もし地球に衝突していれば東京都と同規模の範囲を壊滅させるほどの大きさ。
通過前日の24日に初めて見つかり、関係者を驚かせた。

米紙ワシントン・ポストによると時速8万6千キロで通過するのを、米国とブラジルの天文学者らが発見した。
国際天文学連合(IAU)によると、「2019OK」と名付けられたこの小惑星は、地球から約7万2千キロ離れた場所を通過。
月との距離の5分の1ほどで、天文学的にはニアミスだった。

地球衝突が懸念される天体は「地球近傍天体」と呼ばれ、各国の天文台などが監視している。
日本スペースガード協会の浅見敦夫副理事長は「直径100メートル程度だとかなり地球に接近しないと見えないことがある」と話す。
今年に入って地球から同じくらいの距離を通過した小惑星は6個。今回はその中で最も大きかった。通過による地球への影響はないという。

小惑星は、金星よりも内側や火星よりも遠くを通る大きな楕円を描きながら太陽の周りを回っているとみられる。

1908年に直径約60メートルの隕石がロシア・シベリアに落下した「ツングースカ大爆発」では東京23区と同じくらいの広さで被害が出た。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO47942660Q9A730C1CR0000?s=0

続きを読む

緊急脱出ハンマー シートベルトカッター 長谷川刃物 RE-20車 ハンマー 脱出ハンマー 緊急ハンマー レスキューハンマー 脱出用 ハンマー 軽量 日本製 車 ガラス 割る ハンマー 車 脱出 豪雨 対策 グッズ

価格:1,738円
(2019/10/28 16:12時点)
感想(105件)