1:
sssp://img.5ch.net/ico/folder1_02.gif
YouTubeの動画配信者(ユーチューバー)集団「株式会社社畜お兄さん」のメンバーで「しんてろー」と名乗る男性が、
風俗店に勤務する女性をTwitterで晒し者にして炎上した騒動について、先日の記事で扱った。
(略)
男性は、当該女性をクリスマスに指名して動画配信すると予告していたが、多大な反感を買った。さらに、店や女性本人からも
抗議を受けた。
(略)
これに対して、男性側も「徹底抗戦」を宣言していたが、事態は急転。店の代表のツイートによると、男性から正式な謝罪が
あったという。
(略)
女性ならびに店に対する男性の謝罪をもって、本件は決着したと認識しているという。
(略)
一方、本件は男性と店が結託した「ヤラセ」ではないか、動画の「再生数稼ぎ」の企画ではないかと疑う声もあったようだ。
代表はそうした声に改めて反論し、明確に否定した。
(略)
このたび男性らのグループは、活動の停止をTwitterにて宣言した。
(略)
no title

謝罪の動画では、本件の経緯を語っている。「私は12月からTwitterのメインアカウントの運用を友人に任せており、
一切、今回のツイートに関与しておりませんでした」。問題視されたツイート内容を削除するように要請すると、
「これはプロレスで、デッドボールさんにも話をつけているから大丈夫」と友人は答えたという。
そのように言われて安心していたところ、しばらくしてから「実はデッドボールさんには許可を得ずに勝手にツイートして
しまった」と友人が明かしたというのだ。それを聞いて、慌てて店に連絡したという。アポイントメントをとり、店を訪れて
謝罪すると、「謝罪してもらえれば、それ以上は問題にしない」と言われたそうだ。
男性は、女性ならびに店の関係者、そして視聴者に対する謝罪の意を改めて表明した。
現在、問題の友人とは音信不通になっているという。
(略)
そして、今後のSNSを通じた情報発信、さらには動画の配信活動を一切停止すると宣言した。
http://tanteiwatch.com/wp-content/uploads/2019/12/075.jpg
(略)

記事全文とそのほかの画像一覧 http://tanteiwatch.com/73195

続きを読む